成分

イビサクリームのトラネキサム酸の効果を徹底解説!効果・特徴・副作用

更新日:

イビサクリームに配合されている「トラネキサム酸」の作用と美白に効く成分の効果や特長・副作用について、わかりやすくまとめて解説します。

 

>>トラネキサム酸配合のイビサクリームはこちら

 

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸は第一三共が開発した抗炎症成分です。

もともとは医療用で1965年に発売されてから、現在まで使われています。

人工的に合成したアミノ酸の1種。

止血用

とある病気に対する治療中に肝斑のシミに効果があったことから、美白効果があることがしれわたりました。

今は医療用だけではなく、美白化粧品にも使われるようになっています。

イビサクリームもこの抗炎症の特性を利用して、黒ずみを作る原因であるメラニンの生成を抑えるために配合しています。

 

イビサクリームに配合されているトラネキサム酸の効果

美白効果があります。

厚生労働省に効果を認められて、医薬部外品としてイビサクリームでもうたわれています。

美白とは言っても肌を白色にするのではなく、黒ずみを作る原因であるメラニンが生成されるのを抑える働きをしてくれます。

メラニンが増えると皮膚が厚くなって黒ずんでいくので、メラニンをできるだけ作らせない。そして、ターンオーバーを正常化して今ある黒ずみをだんだん薄くしていく効果があります。

 

イビサクリームのトラネキサム酸の2つの特徴

医療用に使われるほど効果的

トラネキサム酸は医薬品としてアレルギーの炎症を抑えたりするのに使われるほど効果が実証されています。

トラネキサム酸は「抗プラスミン作用」があります。

このプラスミンがアレルギーにより炎症を引き起こす酵素なのですが、プラスミンを抑えてくれるので肌が鎮静化します。

また、プラスミンが発生するとメラニンを作るメラノサイトが活性化する物質を作ってしまうため、プラスミンを抑えることがメラニンを抑えることにつながります。

 

医薬部外品

医薬部外品とは、ふつうの化粧品とは違って、きちんと効果が国に認められている成分がはいっていますよということです。

普通の化粧品よりも効果があると認められたモノ。

美白効果があるイビサクリームは勝手に「美白効果がある」と記載しているわけではありません。

きちんと表示してよい、本当に美白効果があるんだという認定を受けて記載をしています。

厚生労働省がトラネキサム酸の効果を認め、記載しているものを医薬部外品としているので信用できますね。

 

トラネキサム酸と似た働きをする成分

イビサクリームには配合されていませんが、同じように美白の効果があり、医薬部外品に認定された成分を紹介します。

 

☑アルブチン

メラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぐ

 

☑ニコチン酸アミノ

血行促進や美白効果を発揮するビタミン

 

☑ビタミンCエチル

メラニンに対して効果を発揮する、画期的な美白成分

 

参考サイト:資生堂美白成分辞典(外部サイトです)

 

イビサクリームのトラネキサム酸の副作用

特に副作用は報告されていません。

わたし自身も2ヵ月使って副作用は感じませんでしたし、たくさん口コミを見まくりましたが副作用に関して書かれた口コミは見つかりませんでした。

万が一、副作用で肌荒れやかゆみが出る肌トラブルがでれば、イビサクリームでは定期コースの初回発送日から28日以内であれば返金してもらえる制度もあります。

 

イビサクリームのトラネキサム酸で白斑になったりしない?

イビサクリームのトラネキサム酸で白斑にはなりません。

 

一時期、問題になった白斑。

化粧品の美白の効果が極端にですぎてしまい問題になりました。

イビサクリームの黒ずみへの効果の口コミをみて、黒ずみに効果があって薄くなったという口コミはたくさんあるのですが、白斑になったという口コミはありませんでした。

一応、気になったので確認しました。

トラネキサム酸は、きちんと美白効果があると認められた医薬部外品です。

トラネキサム酸で白斑になる可能性はないのか?とイビサクリームの会社のファイブテイルズに問い合わせました。

成分としては、「副作用の恐れがない成分で、なおかつ黒ずみに効果がでる含有量なので心配ありません」との回答を貰いました。

 

イビサクリームでトラネキサム酸の効果をアップさせる3つの方法

イビサクリームで黒ずみを少しでもはやく薄くするのであれば気を付けたいことがあります。

 

日焼けをしない

イビサクリームを塗る場所によって変わってきますが、乳首やデリケートゾーンは大丈夫かと思いますが、ひじやひざやくるぶし、脇などの黒ずみは日焼けをしないようにしましょう。

日焼けをして紫外線を浴びてしまうと、肌を守るためメラニンが増えて黒ずみが悪化します。

 

こすらない

普段から黒ずみ部位を摩擦しないように気を付けましょう。

下着や洋服のこすれ、お風呂に入って体を洗うときにゴシゴシとこすらないなど、優しく摩擦がなるべく起きないようにします。

皮膚への摩擦が刺激になって、肌を守ろうとメラニンが生成されてしまいます。

 

ホルモンバランスを整える

なかなか難しいのですが、ホルモンバランスを整えることが大事。

一番は睡眠ですね。

美肌タイムの22時~2時の間にしっかりと寝て、バランスの良い食事をとって健康に過ごすことでホルモンバランスが整えられます。

とは言っても、いろいろ予定ややらなければいけないこともあり難しい。

最優先させたいことは、睡眠です。

すべては無理ならせめて睡眠はしっかりとってくださいね。

 

トラネキサム酸の効果効能まとめ

イビサクリームのトラネキサム酸はきちんと美白効果が実証されている成分です。

わたしが実際に陰部の黒ずみに2ヵ月使ってみて、どれくらい効果があったかはこちらで紹介しています。

【参考】【画像あり】イビサクリームの口コミ!2ヵ月陰部の黒ずみへ塗った効果を大公開!

黒ずみケアをするときには、続けられる価格というのも大事ですが、やはり効果が見込めるトラネキサム酸などの成分が入っているということも大事です。

>>厚生労働省が認めた医薬部外品イビサクリームを購入する

-成分

Copyright© イビサクリームの知恵袋 , 2019 All Rights Reserved.