効果

イビサクリームの有効成分トラネキサム酸とは|効果や副作用を徹底解説

投稿日:

イビサクリームの有効成分「トラネキサム酸」について、詳しく紹介します。

効果・副作用・口コミについて徹底調査しました。

トラネキサム酸よりもイビサクリームについて先に知りたい方はこちらからどうぞ↓

 

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸は、様々な効果効用があり、錠剤塗り薬などで使われています。

もともとは蕁麻疹の薬として使われていたのですが、美白効果があることがわかり美白の成分として皮膚科で処方されたり、美白化粧品に配合されたりするようになりました。

美白成分として以外にも、止血剤や抗炎症剤として日常的に使われています

 

トラネキサム酸の効果

トラネキサム酸の効果は「メラニンを作り出すメラノサイトに働きかけ、色素沈着を抑制する効果」です。

管理人
つまり、黒ずみが新しくできるのを防いでくれるということ

☑美白効果

☑抗炎症効果

美白効果

トラネキサム酸は美白効果があります。

美白とは言っても、肌を白く漂白するのではありません。

新しいメラニンが出来ないように予防することにより肌を白くしていくのです。

肌をくすませたり黒ずませたりする原因はメラニン。

トラネキサム酸はメラニンが新たに作らせないようにする働きがあります。

人間にはターンオーバーといって、日々古い肌が剥がれ落ちて下から新しい肌が生まれています。

新しい肌にメラニンができなければ、だんだんとメラニンがあった肌は剥がれ落ちてメラニンがないきれいな肌が表面に出てきますよね。

結果的に、黒ずみがなくなり本来の肌に!!

なので、トラネキサム酸は美白効果があるのです。

抗炎症効果

アレルギー反応や炎症反応を抑える効果があります。

肌が荒れていたら、メラニンが出て肌を守ろうとします。

炎症を抑えて健康的な肌へ導くことにより、メラニンが新しく生成されるのを防いでくれます。

 

イビサクリームが医薬部外品なのは、トラネキサム酸が医薬部外品だから

トラネキサム酸は医薬部外品の美白有効成分として厚生労働省から認可されています。

イビサクリームが医薬部外品であるのは、医薬部外品のトラネキサム酸が配合されているからなんです。

 

トラネキサム酸は副作用があるの?

トラネキサム酸には副作用が出る可能性があります

厚生労働省に認められるほどの効果がある成分。

効果があるということは副作用もあるということです。

副作用が出やすいのは、服用した場合。

塗る場合にはあまりないようです。

イビサクリームに配合されているトラネキサム酸は、効果があっても副作用が出にくい量で配合されているので、副作用が出る可能性はほぼありません

実際に「副作用が出た」という報告は見つけられませんでしたし、イビサクリームに直接問い合わせましたがそういった話も入っていないそうです。

なので、副作用の心配なく安心して使えるクリームと言えます。

 

イビサクリームの美白効果ってどうなの?口コミを知りたい

イビサクリーム陰部へ塗る

トラネキサム酸の美白効果については、わかっていただけたと思います。

実際にイビサクリームを使ってみて、本当に黒ずみへの効果があるのかどうか、使った人たちの口コミをまとめました。

陰部の黒ずみに使い続けて、1ヶ月を過ぎたころから黒ずみが薄くなっていることに気づきました塗りやすい、人にバレない点がよいです

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいて、半年使いました。わたしが効果を実感できたのは使い始めて2ヵ月たったころ。前より黒ずみが薄くなりました。気に入っているのはにおいがないところ、べたつくのはちょっと苦手です。

実際に効果があったという口コミが圧倒的に多かったです。

しかし、すべてがよい口コミばかりではなく悪い口コミもありました。

悪い口コミを知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

>>イビサクリームの口コミ評判ってどう?悪い口コミとよい口コミ徹底比較

\こちらからイビサクリームを購入できます/

>>トラネキサム酸配合のイビサクリームを購入する

-効果

Copyright© イビサクリームの知恵袋 , 2019 All Rights Reserved.