効果

イビサクリームが敏感肌にはハイドロキノンより黒ずみにおすすめな理由

投稿日:

イビサクリームとハイドロキノン、どちらも美白クリームとして黒ずみ対策に有効です。

ただ、自分が求めるレベルやどんな風に黒ずみをケアしていきたいのかによってもおすすめは変わります

こんな方におすすめ

  • 肌が弱い人・ゆっくりケアでもよい人⇒イビサクリーム
  • 即効性を求める人・クリニックに通える人⇒ハイドロキノン

わたしはアトピーがあり敏感肌なのでイビサクリームが肌に合ったのでおすすめです

クリニックに通って早く黒ずみを治したい人にはハイドロキノンでの治療も有効ですが、副作用や治療費のデメリットもあるので要注意。

\今すぐタップ/

>>肌に優しいイビサクリーム限定販売ページへ

イビサクリームはハイドロキノンよりもおすすめ

イビサクリームは肌に優しく、厚生労働省に認められた美白成分が配合されています。

デリケートな部位に塗ることを前提に作られているので、肌への刺激がとにかくありません

ハイドロキノンよりも即効性は負けますが、ゆるやかに効いてきます。

また自宅で誰にもバレずにこっそりケアしていけるのもよいです。

 

黒ずみ対策にイビサクリームとハイドロキノンのメリット・デメリットを比較

イビサクリームよりもハイドロキノンが向いている人もいるので、それぞれのメリットデメリットも紹介しますね。

イビサクリームのメリット

ココがおすすめ

・美白に導くトラネキサム酸が配合

・お肌の炎症を抑えるグリチルリチン酸2K配合

・こだわりの植物由来成分でさらに美白に導いてくれる

・低刺激

・デリケートゾーン以外の黒ずみにも使える

・信頼の国内製造

・返金保証あり

イビサクリームのデメリット

ココがダメ

・サンプルはない

・ネットでの購入のみ。実店舗販売はしていない

(※イビサワックスの店舗では購入可能)

 

ハイドロキノンのメリット

ココがおすすめ

・メラニン抑制効果が非常に高い

・皮膚科などの医療現場でも使用

・できてしまったシミ、これからできるであろうシミ、どちらにも効果的にアプローチ

ハイドロキノンのデメリット

ココがダメ

・効果が高い反面、間違った使用方法をすると肌荒れを引き起こす可能性

・デリケートゾーンに使用したい場合には医師の処方が必要

・光や熱に弱く長期保存ができない

・ハイドロキノンを塗った直後に紫外線を浴びるとお肌に負担がかかる

イビサクリームとハイドロキノンのメリット、デメリットをいくつかあげてみました。お肌を白くしていく効果を発揮できるのはどちらも同じですが、ハイドロキノンの方は医療現場でも使われている強い成分であるため、副作用が少し心配です。イビサクリームのほうは医薬部外品ですが、敏感肌で悩んでいる人でもそうでない人にでも、誰にでも安心しての使ってもらえるように作られています。そのため、ハイドロキノンよりもお肌への負担は少ないのではないでしょうか。

 

イビサクリームがおすすめの人

メリット・デメリットを把握してもらったところで、実際にイビサクリームをおすすめしたい人はこんな人です!

・間違ったお肌のケアが原因でくすみや黒ずみができてしまった人

・クリニック、サロンでのフラッシュ脱毛後の黒ずみケア商品を探している

・下着や衣服のこすれが原因で黒ずんでいることが悩みの人

・敏感肌

・お肌が弱い

・デリケートゾーン以外でも気軽に使える商品を探している

・自宅でじっくり自分のペースでケアしていきたい

イビサクリームは、ブラジリアンワックス専門店がデリケートゾーンの脱毛後の黒ずみケアを目的として開発したクリームです。デリケートな場所に使ってもらえるように、お肌に優しい成分がたっぷり配合されています。主な成分としてトラネキサム酸を配合。黒ずみ肌を美白に近づけるように働いてくれます。さらにダメージを受けてしまったお肌のためにグリチルリチン酸2Kも配合されています。保湿成分も8種類、5種類の添加物フリーでなんと赤ちゃんでも使えるというから驚きです!

 

ハイドロキノンがおすすめの人

ハイドロキノンの効果は医療の現場でも実証済みです。そんなハイドロキノンをおすすめしたい人はこんな人です!

・市販の化粧品では効果が感じられなかった

・美容外科や美容皮膚科でも使われていることで安心感が得られる

・美白効果が高いものを探している

・長期間シミに悩まされている

・皮膚は強い方だと思うから即効性がある方がいい

・クリニックでの処方を希望する

 

ハイドロキノンは、もともと自然界にもある天然成分で還元作用があります。

この作用で酸化を抑えていくのですが、強い成分であるため「皮膚の漂白剤」とも言われるほど。耳にしたことはあっても、日本ではまだまだポピュラーとは言えません。

しかし、近年ではハイドロキノンを配合した化粧品も市販されており、手軽に購入することができるようになりました。ただ、自宅で使えるハイドロキノンは成分を薄めており効果は期待ほどでません。

しっかりと効果を出したいのならクリニックに通ったほうがよいです。

強い成分なので副作用が出た時のケアもクリニックのほうがいいですね。

 

【まとめ】イビサクリームが敏感肌にはハイドロキノンより黒ずみにおすすめな理由

お肌への負担を考えると黒ずみケアにはイビサクリームのほうがおすすめ!

こんな方におすすめ

  • 肌が弱い人・ゆっくりケアでもよい人⇒イビサクリーム
  • 即効性を求める人・クリニックに通える人⇒ハイドロキノン

\今すぐタップ/

>>肌に優しいイビサクリーム限定販売ページへ

-効果

Copyright© イビサクリームの知恵袋 , 2019 All Rights Reserved.